スポンサードリンク


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HOME > 家計管理・過去&現在 > title - 4月からは、扶養手当(子供⇒無し、私⇒減額)の現実が待っていたんですよね・・・

4月からは、扶養手当(子供⇒無し、私⇒減額)の現実が待っていたんですよね・・・

昨日は、卒業旅行中の下の子がいない間に
来月からは、本当にこの家からいなくなるんだと思うと
言いようのない寂しさが・・と書いていたけど

特にそれを感じた時というのが

洗濯物の数があまりにも少なくて
干すのもあっという間だったのと

夕食の準備をしていて、二人分の量で作る
その感覚がわからなくなっていたこと。

正直、2日間は気持ち的にも「抜け殻~」っぽかったです。
家族4人から3人になった時も、少なくなったなぁ・・とは
思ったけど、3人から2人だとまた違う・・。

野菜スープに鶏団子を作って入れようと思って
挽肉を使おうとしたら、片手につかめるぐらいの分量で
そこに玉ねぎや人参を入れたらそれで十分・・。
思わず、「えっ、これぐらいの量でできちゃうんだ。」

そして、気がつかないうちに
タラの味噌漬け3枚焼いたら、当たり前だけど1枚余り・・
ほうれん草のお浸しも、いつもの小鉢だと多すぎる。

冷凍用に切った人参とゴボウの半端を集めて作った
キンピラ風のゴマ和えを食卓に並べたら
なぜかいつもよりも短時間で出来上がり・・

夫婦二人分を作るって、こんな感じなの?
そう思うと、またもや心にピューッとすきま風が。

そして、お風呂に入った後に
給湯機のお湯がいつもの半分ぐらいしか減っていない・・
・・それに気づいた時に

ひとが1人減るということが
生活の中でこんなにも変化していくんだと
母として、主婦として、改めて感じたんです。

前の記事でも書いたけど、
母親としての寂しい気持ち、それも現実。
でも、過去記事でも触れたけど
4月からは、下の子の扶養手当が無くなり
私の扶養手当も減額される
・・これも現実。
(4月からお給料が1万円ほど少なくなる・・。)

子供たちだって、それぞれに独立して
自分で頑張っているのだから

私も、これから夫婦二人になって
浮いてくるだろうという食費や光熱費を
もっとうまく考えて節約、やりくりして
少しでも家計にプラスになるようにしなくては・・
そう思いました。

来月からは本当に二人になります。
いろんな意味で、頑張りたいと思います。
花 デイジー

そして、おまけの話しですが・・

下の子のお土産は
たくさんの洗濯物でした
いえ、もういいですよ、あと10日もないですから・・。
この家での私の母親としての仕事も・・
あとわずかです。
関連記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク




この家で暮らしていこう

このブログの記事

このブログの全記事一覧

ご訪問ありがとうございます

コメント

天気予報

カレンダー

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

最新記事一覧

カテゴリ 

このブログ内を検索

月別アーカイブ

リンク