この家で暮らしていこう

CATEGORY PAGE


スポンサーリンク

category: 引越しの歴史  1/2

展示場めぐりのその後に

さあ、家を新築するぞ と決めてからは毎週末の住宅展示場めぐりと各ハウスメーカーが開催していたキャンペーンに参加。そういえば、住宅会社の工場見学ツアーにも行ったなぁ。その他に、総額2500万の家を1000万で とかモデルハウスをお譲りします とか当時、宣伝されていたもの全てに応募したような。(^^;すべてハズレましたけど。住宅展示場は、かなり遠くまで出かけました。とにかく、いろんなタイプの家を見たかったので...

  •  -
  •  -

最初から途中までの計画は、何もかもぜーんぶ吹っ飛んで

中古の一戸建ての時は、セットバックのことそして中古マンションを考えた時は、払い終わったらいずれ賃貸にして、老後のために新築をと頭のどこかにずっと置いていた(と私は思ってる)夫の言葉のちょっとしたところが気になった私は「どうせ後で新築するんだったら、最初からそうする?この前、住宅展示場でも100年住宅とか三世代まで大丈夫とか言ってたし。」そんな感じで言ってしまったと思うんですがそこから、そうだね、みた...

  •  -
  •  -

次は、中古のマンションを考えたけど

自分の家を持つ、という気持ちにスイッチが入ってしまった私たち夫婦はその日から、毎日のようにマイホームについての話し合い。そうなんですよ、そう。可愛い盛りの子供が二人夫婦ともに働き盛りの30代後半から40代前半。今50代の人生の後半の私があの頃の私たち家族を遠くから眺めていると教育資金も老後のことも健康の不安もどこかに飛んでいってしまって自分たちの家を持つという新しい目標に向かって頑張って働けば何とかなる...

  •  -
  •  -

セットバックって?

最初の中古物件を購入するのを諦めた理由の一つはセットバックが必要だったからと前の記事で書きましたがセットバックというのは何だろう?そう思われた方もいらっしゃいますよね。建築基準法によると道路は幅が4m以上ないと「道路」として認められないそうです。昔の住宅地で道路幅の狭いところは建て替えの時には道路の反対側が宅地の場合は、道路の中心から2m、道路の反対側が崖や川などの場合は4m以上後退させなければなら...

  •  -
  •  -

セットバックが必要で諦めることに

前の記事の続きになりますが上の子が小学校に入学してからは夫も、いずれは2LDKから3LDKに引っ越しをと考えていたようでしたが結婚当初から、子供の成長と共に住み替えをして、家を建てるのは定年後、そう決めていたので中古にしても家を買うお金は我が家のどこにもないだろう、そう思っていたようで私の方から、中古物件があるんだけど考えてみないかと話しを持ちかけた時にはちょっと引いていましたがある程度の頭金なら用...

  •  -
  •  -

中古の家を考えていた時のこと

そういえば、過去記事で今の家を新築する前に、中古の家を考えていたというのを書いていましたね。今回はそのことを少し。どうしてそう思ったのかは過去記事のこちらに 「家を新築する前に思っていた本当の気持ち」書いています。あれは17年前、友人たちと一緒に住宅展示場めぐりをしたんですがその時の私は新築なんて全く思っていなくて、というか自分の家を持つ、なんてことすら考えていなかったんです。ところが、いろんなハウ...

  •  -
  •  -

家を新築する前に思っていた本当の気持ち

前々回の記事の終わりの方で自分たちの家を持とうと思った時に私は最初、中古物件を見て回ったと書いていました。過去記事はこちら 「5~10年の間に変化することも」今回は、そのことを少し書きます。結婚当初は、定年後にできれば現金で家を買おうと思っていたので予定変更で、やっぱり自分たちの家を持とうと決めた時には、私は中古の家のことしか頭にありませんでした。それはなぜかというと、一番に毎月の支払いのこととすで...

  •  -
  •  -

やっぱり家を建てる時期?

下の子が小学生になる1年前に、先のことも考えて同じ敷地内の3LDKの部屋が空いたら、そこに移りたいということを不動産屋さんにも相談していたほど気に入っていた環境だったのですが、その年の夏に、ライフプランナーをやっていた私たち夫婦の共通の友人が保険の見直しをやってくれた時に当時30代半ばにしては私たちは保険料を払いすぎているということを言われ、その説明に二人で納得。ここで、保険料のダイエットをして、解約し...

  •  -
  •  -

狭いながらも楽しかった家族4人の2LDK生活

二人目を妊娠中、そして出産後も上の子が入院したり、生まれた下の子も後に喘息で通院が続くことになったのでやはり早めに引越しを決断してよかったと思いました。そして、近所にはうちの子と同じ年頃の子供たちがたくさんいて、お母さんたちも私と同年代の人が多く下の子が病気の時は上の子を幼稚園バスの停留所までお迎えに行ってくれたり、入院した時は晩御飯まで用意してくれたりと、本当に助けてもらいました。一番大変な時期...

  •  -
  •  -

次の引っ越し先が決まる

「2年後にまた引っ越しを考えることに」の続きです。半年後には二人目も生まれるし、上の子がまた入院するかもしれない。私も子供も通院はまだ続くし、とにかく早急に次の住居を探したのですが、すでに夏の時期に入っていたせいか、部屋の空がなくて、どうしようかと思っていたところへ、秋には入居できるという建築中のアパートがあるという情報があって、その後すぐに間取りと工事中の様子を見せてもらい、周辺の環境や立地条件...

  •  -
  •  -