この家で暮らしていこう

CATEGORY PAGE


スポンサーリンク

category: 老後に向けて  1/7

1人暮らしになって自分にもしものことがあった場合、ペットは・・・

昨日は年金の話を書きましたが高齢になった時の「もしも」のことがもう1つありました。これは、先週の半ばに来られた業者さんの話です。玄関の棚に飾っていた愛犬の写真を見て「可愛いですね。」と言われたので「10年前に亡くなったんですよ。それからペットロスが長かったんです。」そう答えたら、その方も同じような経験をされたらしくてそこからそのワンちゃんを家族に迎えるまでの経緯を話されました。1人暮らしのおばあち...

  •  -
  •  -

年金を払っていなかった親の老後の生活費を子供が出し合っているという話を聞いて・・

昨日、用事があって知人と会いました。久し振りだったので、ちょっとした世間話をしていたら自然と老後の話題になっていったのですがその前に、私たちと同じ年代の人の悩みは親が高齢になって同居家族も仕事、家事で忙しく世話ができなくなってきたのでヘルパーさんに来てもらったり別居しているけど1人暮らしが心配な状況になってきたからそろそろ親を施設に入所させた方が良いのかそんな話を聞くことが多くなったそうで50代も...

  •  -
  •  -

この家にずっと住めるかもしれない・・そんな希望が湧いてきました(老後のこと)

先月に体調を崩して病院にかかった時に診察終了後に待合室で待っていたら玄関の近くに新しいパンフレットが並べてあったのが見えたので会計で呼ばれるまで読もうと思っていたらその中の1つに「訪問看護ステーション」と書かれた小冊子があって名前は聞いたことがあったけど、詳しい内容はわからなかったので家でゆっくりと読んでみようと思って、その小冊子をもらって帰ってきました。そして読んでみると、今まで私が先の老後で不...

  •  -
  •  -

老後に不安に思っていたこと・・でも、少しですが希望が見えてきました。

子どもが家から遠く離れたところに住むようになって夫婦二人暮らしになりいずれやってくる老後のことを考えるようになってからは高齢になって自分の身の回りのことができたとしてももし、どちらかが一人になってこんなことがあって欲しくはないけど突然倒れて、ずっとそのままになって発見された時には数ヶ月経っていた・・とかもし突然の災害が起こってしまったら足腰が弱っていた場合はスムーズに避難場所まで行けないかもしれな...

  •  -
  •  -

もし、夫が1人残ってしまったら・・

我が家の子どもたち2人は社会人になると同時に地元から離れ上の子は2年前に入籍していずれ今の自分の職場の通勤圏内で家を購入する予定で下の子は、上の子よりももっと遠くに就職してしまい出張も多く、たぶん地方には戻ってこないだろうというという職種なので(出張があるぐらいなので、こちらに支社でもできてくれれば県内、もしくは近県に‥そんな期待もあったりしますが・・。)過去記事でも何度か書きましたが20年前に建て...

  •  -
  •  -

読むだけでなく「書く」ことを意識していこうと思いました。

昨日は、家計管理に関しての今年の目標を書きましたが今日は、普段の日常生活の中で気をつけたいこと(それも目標になるのかな・・)それを覚え書きとして、記事に残しておこうと思います。まずは、一番に健康管理。これまでのように食生活に気をつけて無理のない程度に体を動かして体の免疫力を上げることに力を入れる。(私の場合は、脚のリハビリも含みます。)そして、今年は読むだけでなく、「書く」ことを意識する。長年パソ...

  •  -
  •  -

もしもその時に夫婦どちらかが1人暮らしだったりしたら・・高齢になった時の怪我や病気の時は?

脚の手術をして早や1年半が過ぎ私が考えていた完治と言いますかたとえ走ることができなかったとしても怪我をする前のような日常生活たとえば車の運転をしたり公共の交通機関を利用した時に椅子に座れなくても30分程度の移動なら大丈夫になるだろうという自分なりの予想は「術後約1年ぐらい」・・だったのですが予定は未定とはよく言ったもので1年過ぎたあたりから回復が遅くて入院した時に同じような怪我をした方は退院後、2~3ヶ...

  •  -
  •  -

ずっと住みたいと思っても、それができなくなる日が来るかもしれないので・・

老後・・年金生活になったことを考えてこのブログを始めた頃からは老後資金や生活全般(住み替えなど)のことをいろいろと考えてきたけどその時、その時でネットや雑誌で見る情報が少しずつ変わってくるのも社会情勢が変化しているのだから当たり前なのだとは思うけれど2年か3年ぐらい前までは一戸建てに住んでいるのなら子供が遠くにいて、先で家に戻ってこないのであれば体が動くうち、元気なうちに住み替えて(便利な場所のマン...

  •  -
  •  -

老後の計画を立てていても、なかなかその通りには・・

ブログ開設から早や4年と6ヶ月。光熱費の記録から始まり、子供の教育費が終了し今度は老後資金が気になり始め自分たちが年齢を重ねると同時に18年前に建てた家も次から次へとメンテナンス、リフォームの時期が来てこのままこの家に住む続けるのか、それとも老後に向けて住み替えを考えるのか・・日々の生活を記録しながらもそんなことをずっと考えてきて外壁塗装に踏み切ったあたりから高齢になっても、できる限りこの家で暮らして...

  •  -
  •  -

あの日の夜、もしも夫が居なかったら・・そう思うと本当に危なかったかもしれない

退院して約1ヶ月になり、体もだいぶ回復して日常生活はまだ不自由なところもありますがほとんどの家事はスローペースでこなせるようになってきた今日この頃・・でも、昨夜お風呂に入っていて、ふっと思ったのです。あの日の夜、もしも夫が出張や旅行で家に居なかったら・・転んで動くこともできないまま(それも何も着ていない状態で)朝まで・・いえ、場合によっては夫が帰宅するまで私は浴室で倒れたままになっていたかもしれな...

  •  -
  •  -