スポンサードリンク



桜杏

桜杏

-
今年は親類の子供が七五三なので
うちの下の子が3歳の時に使った被布を
着てもらうことになったのですが
今振り返ってみると

子供の行事で使うもの、着るものというのは
親の想いや、その後の思い出の品にもなるけれど
一度きりの場合や、その後あまり使うことが無い場合は
保管すること(振袖などはアフターケアが・・)を考えると
レンタルでもよかったかな・・そう思うこともありますよね。
関連記事→「購入した振袖には5年保証がついていた」

下の子が7歳の時は、私の七五三の時の着物を着せたのですが
つくり帯だったので、美容室にいかなくても
本を見ながら着付けができるかも・・そう思って
図書館で子供の和風のヘアスタイルと
着付けの本を借りてきて
アカチャンホンポでかんざしとつけ毛を買って

かんざし

私がヘアセットと着付けをしたので
この時にかかった費用はかんざしとつけ毛だけ。

当日は、朝からバタバタしましたが
自分が七五三の時に着た着物を
我が子が着ているのを見た時は、何とも言えない感動が・・。

これも長い間大事に保管してくれていた親に
感謝しないといけないのですが
こうやって考えてみると

下の子の3歳の時の着物も成人式の振袖も
大事に保管しておけば、今度は孫の代まで
活躍してくれるかな・・そう思うと

しょうのう ふりそで

購入するとちょっと高額になるものでも
大事に保管して、次の代、そのまた次の代まで使えたら
子供や孫たちが購入することもレンタルすることもなく
思い出の品がそのまま節約につながってくれるのかな・・って
そう思った私だったのでした。

そして、こちらは47年前の・・・
バッグ
七五三の時の私のバッグ。
この柄、この色・・レトロですよね。(^^;
でも、下の子は喜んで使ってくれました。

いつの日か、孫が生まれて女の子だったら
おばあちゃん(私)とママ(娘)が着た着物を着てくれるかな。
着る、着ないは子供の自由なので無理には言わないけど
下の子の着物と共に私の七五三の時に使ったものも
大事に保管しておこうと思っています。
関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
..............................................................................
Posted by

スポンサードリンク