FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

きっかけは、強風で私が勝手口から落ちてしまったから


「洗濯物を干す場所、最初はバルコニー」の続きです。

その後、勝手口付近に屋根付きの物干し場を
つくってもらい、めでたし、めでたし のハズだったんですが
場所的に西側だったので、秋が深くなってきて冬になると
お昼過ぎからしか陽が差してこないのと
これは後からになってわかったことですが
風向きっていうんでしょうか、勝手口から物干しにかけては
これはなぜー?っていうくらいの風が通るんです。

なので、屋根があっても少しの雨でも降り込んできて
洗濯物をすぐに取り入れないと濡れてしまう状態に。

ががーん。(゚д゚)!
でも、取り付け工事代含めて、当時で12万ほどかかったので
そのまま12年使ったんですが、午後から雨予報が出ていれば
朝、部屋干しして出勤していたんですね。
(これだと、バルコニーの時と変わらない、みたいな。)

そして、2年半前に
台風で強風が吹いて、勝手口に手をかけていた私が
つかんでいたドアごと持っていかれて壁にぶち当たり
勝手口のコンクリートでつくってあるステップから
足を踏み外して、落っこちた(転んだ)んです。

その時は、ドアに手をかけていたことも原因だったけど
勝手口から落ちることがあるというのは
思ってもみなかったので、もし洗濯物を抱えていて
両手が塞がっていて落ちた場合を考えたら
少し怖くなりました。

そして、この時は、夫婦で真剣に
老後でなくてよかったと思いました。
(幸い、この時は腕の打撲と足をくじいただけでした。)

この家にずっと住むとしたら・・
洗濯物を干す場所と共に
勝手口からの出入りも減らした方がいいかもしれない。
そう思った私たちは、今の生活と老後のことを考えて
13年目にして洗濯物干場を別につくることにしました。

この時が、老後を意識し始めた時だったのかな。
でも、家を建てる時には、勝手口付近までは
そこまでのことを考えていませんでした。
次の記事へ続きます。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク