FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「老後に必要なお金」と「将来、子供や孫にかかるであろうというお金」は別にすることにしました。 

3日前に「年金生活になった時の特別支出と子供の援助 もう一度考えてみる」という記事を書いたのですが、2年前に考えていた内訳と金額をもう一度見直しをするということで、老後関係・・振り出しに戻ることにしました。

ただ、私がこの前紹介した本を読んで思ったのは、老後の特別支出の中に、子供の結婚祝いや出産祝い、孫のお祝いなどが一緒に計算してあったので、私は自分たちの老後にかかるお金「老後資金」と将来、「子供や孫にかかるであろうというお金」は別にすることにしました。

杏 花 お祝い

それは、夫婦共に定年まで働いて年金収入も貯金もあった(と思う)のに、子供や孫への援助(帰省費やお祝い)などで特別支出が増え、このままでは70代で貯金が底をつく・・というページを読んだ時に、自分たちが80歳~90歳まで生きたとして、質素に暮らしたとしても年金収入で賄えない老後に必要なお金は、子供には援助できないんだ、別なんだと考えておけば、90歳~95歳まで長生きしたとしても最終的に子供に迷惑をかけることにならないので少しは安心かなと・・。

元気なうちに子供にしてあげたい・・私もその気持ちはありますが、まずは老後の自分たちの生活がきちんとできることを考えて、基本は質素な暮らし・・ですが、その中での老後の特別支出を出したうえで、子供や孫にどのくらいできるのかを考えようと思っています。

子供のお祝いをケチってる・・というのではなく、たとえば、孫の入学祝いに何かを買ってあげたいと思って最初は5万円の予算だったとすればそれを3万円にする、もしくは現金を包んで別に本棚やラックなどを手作りでプレゼントする・・など。

老後の特別支出をもう一度考えてみる・・
今回は、純粋に自分たちの老後に使えるお金と子供への援助(お祝い含む)を分けて考える・・まずはそこから考えていこうと思いました。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク