FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「子どもの教育に回すお金を再考する時代」そのニュースを読んで思ったこと

昨日、Yahooニュースを見ていたら
「子どもの教育に回すお金を再考する時代」という見出しがあったので読んでみました。

平均貯蓄額が下がり、貯蓄が無い世帯が3世帯に1世帯・・会社員の平均年収が下がる傾向にあり、不況などで大学卒業後も8人に1人が定職につけない状況になっているので、教育費のかけ方を本気で考え直す時期にきている・・そのようなことが書いてありました。

教育費は大きな範囲で考えれば大学進学だけではなく、幼児教育なども含まれているとは思うのですが、ここでは大学にかかる費用ということで書いてあるようなので、今回、私が個人的に感じたのは・・

1年半ほど前にも書いたのですが、大学進学に関してだけでいうと
今の時期、時代というより、昔の時代でも各家庭のその時の状況で進路をもう一度考えていたような気がするんですね。
過去記事「大学に進みたい、その気持ちはわかるけど」にも書きましたが
私自身も父親が亡くなった後に進路変更し、上の子が高校3年になる少し前のリーマンショックの影響でリストラが友人の家庭にも及び、私立を受験することさえ諦めた子、そして国立は無理と感じた子は公務員試験に全力を尽くしたり、専門学校に進路を変えた子もいました。

なので、進学に関しては、私自身や友人たちも、その時の状況と先のことを考えたら無理ができないと思い、過去記事で書いたような判断をしました。
(でも、こればかりは人生は何が起こるかわからないし、少し無理をしても後で良い結果になることもあると思うので一概には言えませんが・・。)

ただ、「子どもの教育に回すお金を再考する時代」の中に
「投資」、「投機」、「消費」、「浪費」、あなたの教育資金はこのうちのどれですか?というのがあったのですが

親が子を思う気持ちを考えると、その時はみんな一生懸命だと思うし、頑張ったけど結果が出なかった・・そんな場合もあると思うので、そこのところは、うちも節約、切り詰めながら二人の子供を大学に進学させたので・・少し複雑な思いがした私でした。
(子供の気持ち、親の気持ちもいろいろあったので・・。)


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク