FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

床暖房のメンテナンス、修理、交換のことを調べてみたら・・(自分で取り付けられる?そう思ったけど)

数日前の夜、家事の合間にTVをみていたら
自宅を自分でリフォームするという企画があっていて
その中で、(自分で)床暖房も取り付けてしまう・・という内容があったんですね。

我が家は、朝起きた時は前の日に入れた暖房の温もりがほんのり残っているのですが、床暖房ではないので足元が冷えるんです。

床暖房といえば、パイプを通したり取り付け工事が大変・・そう思っていたのですが、TVではホットカーペットのような細長い(パネル?)を敷いて、その上に何かのせて(くっつけるため?固めるためのもの?)またその上に床やタイルを置いて出来上がり。

えーっ、こんなタイプの床暖房もあるんだ・・とビックリしながら観ていた私なんですが・・
先はハッキリわからないけど、もしも先で住み替えになったとしたら、歳を取るとリビングに居る時間が長くなるから床暖があるといいな・・そう思ったのですが(現実的には無理な方が大きいけど。)、ここで気になったことが・・

普通なら初期費用はいくらかな・・そうなると思うのですが、私が1番に思ったのは「メンテナンスや修理の時はいくらかかるんだろう?」
家を新築して16年目。
このブログを始めた2年前から、家のメンテナンスや設備機器の部品交換で次から次へとお金が出ていく我が家。
床暖房もメンテナンスが必要だと思うし、故障すれば修理代もかかるはず・・その金額をある程度知っておかないと、他の出費と重なった時が大変です。

・・・というわけで、少しだけ調べてみました。
床暖房には、電気ヒーター式温水循環式があるそうで、私がTVで見たのは電気ヒーター式のようです。
でも、電気ヒーター式、温水循環式にも数種類あるので、詳しいことは省略しますが

どれも一長一短あるようで、ヒーター式は初期費用やメンテナンスが安ければ電気代が高くつくし
温水循環式は初期費用が高いけど電気やガス代が安い・・でも、パイプの寿命が20年以上あったとしても
温める機械は10年から15年で故障して交換・・(電化製品の寿命と同じ?)

そして気になる故障時の修理や交換が30万から100万円かかると知り・・
これも床暖房の種類によって違うと思うのですが、床の張り替えができなかったり、簡単に交換ができない場合もあるという口コミも。(電気が良い、ガスの方が良いという意見もいろいろありました。)

ここで思ったのは、何かを一つ取り付ければ、それに対するメンテナンス、
そして修理代、交換しなければならなくなった時の新しい機器代も考えて貯金しておいた方が
その時期がやってきた時に、その他の出費(教育費など)が重なっても大丈夫なんじゃないかなと・・。
(これはまた別の例で記事を書こうと思います。)

TVを観て、自分で床暖が取り付けられるのなら・・そう思った私でしたが
我が家はこの春で教育費は終わったものの、これからは老後のことがあり
メンテナンスや修理、交換代と思って貯金しなければならないので
これからもホットカーペットで過ごすことになりました。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク