この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「家を売ろうと思っている」という友人の話しを聞いて。

私の友人は、十数年前に築15年になる中古住宅を購入して
今は中学生の子供と住んでいるのですが
先日、会った時に突然
「子供が大学入学か社会人になって1人暮らしを始めたら
家を売ろうと思ってる。」と思いがけない言葉が・・。

深いことを聞いてもいいかなと気になりながらも
住み替えに関しては、私自身もいろいろと考えているところがあったので

「え?お家、あんなに綺麗だし、庭も広いし、何か不具合でも?」
・・・と、思い切って聞いてみたら
「ウチの家・・どう考えても老後は厳しいでしょ?」そう言われて
彼女の家を頭に思い浮かべてみると・・
「もしかして・・玄関までの階段?」・・←友人「そう、当たり。」

家

家の中自体は、購入した時にオール電化などリフォームして
住みやすくしていたので問題は無いそうなんですが
どう説明したらいいのかな。
彼女の家は、車2台分の車庫の上に庭があってそこに家が建っている
そんな感じのつくりなんですね。
つまり、車を車庫に入れて横の階段を上がって、門扉を開ける・・

友人が言うには、今はいいけど
高齢になった時には、荷物が無かったとしても
この長い階段を雨降りに傘をさして
しかもその頃に杖をついて・・という状態になったら
高齢で1人になった時のことを考えると
先が不安に思ったそうなんです。

でも、まだ40代だし今はシングルだけど
これから先で良い出会いがあるかもしれないし
子供が一緒に住んでくれるかもしれないから
まだそこまで考えなくても・・と言ったら

いやー、ウチは男の子だし、一緒には住まないよ。
それに、このままずっと1人ってことの方が大きいと思うから
自分が元気なうちに考えておかないといけないなって思ったんだよね。
車庫の横の玄関までの階段をどうにかするってなったら
ものすごくお金がかかりそうだから、それだったらもう家を売って
別に住み替えた方がいいかなって。

それを聞いて、私よりも年下なのに
もう老後の住まいのことを考えているんだと思うと
なんてしっかりしているんだろうなと・・。

老後の住まいの問題・・
こんなに身近で話しを聞くことになるとは思わなかったんですが
私自身も、自分の体が動くうちに
改めて、今住んでいる家を見直していかないといけない・・
そう思っていたところに

実は、我が家も今回の友人の話しで気づいたことが・・。
玄関までのスロープを横に作っておけばよかったと
今頃になって思いました。

家の中はバリアフリーでも
家の周りまでは気にしていなかったんですね・・。
(家を建てた時期は、体が動く30代でしたから・・。)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク