この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「隠れ貧乏」から自分が仕事を辞めた時を振り返る

2年前のちょうど今頃に
「隠れ貧困」という言葉をよく目にするようになって
我が家はどうなんだろうと気になり

その特集記事が載っている本を読んで
当時は、教育費と老後資金のことを
振り返ってみたのですが

今年は「隠れ貧乏」というキーワードが出てきて
同じような内容だとは思ったけれど
2年経っているし、また違ったことが書いてあるかも
そう思って読んでみたら

今現在は十分な収入があるのに、貯金が0。
外からは、お金に余裕のある暮らしに見えるけれど
何かあれば、生活が破綻してしまう状態で

その原因は
2年前の隠れ貧困の時には、子供の教育費に
お金をかけすぎることが大きく取りあげられていましたが

今回は、いつまでも綺麗で若々しく・・で、美容に
趣味やお付き合いなど自分磨きのために・・
更には、SNSつながりでの写真をアップするのに
旅行やグルメなどにお金を使ってしまう・・と。

共働きで奥さんの収入が多ければ
それでも大丈夫かもしれないけど
人生、何が起こるかわからないので
楽しみの中の半分から少しでも
貯金をした方が良いのではないかなと
そう思いました。

私自身を例にあげれば
60歳までは仕事を続ける予定でしたが
体調不良で55歳まで働けるかどうか・・になって
結局、50歳で辞めることになり

その時に上の子が就職してすぐでしたが
下の子は、大学2年生。
学資保険と、もしもの時を考えての貯金で
2人目の卒業まで乗り切り

もう一つは、20代後半から掛け続けていた
個人年金が貯金と同じ役割になるので
今は節約とやりくりを中心に家計管理をしています。

ずっと仕事を続けることができれば良いけれど
もしも・・のことを考えると少しずつでも貯蓄を・・

「隠れ貧乏」から
最後は、子供が大学生の頃に
私が仕事を辞めることになってしまった
そんな話しになってしまいました。m(__)m

関連記事
「隠れ貧困」から見えてくる教育費と老後資金

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク