この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

親が仕事を辞めたという2つの話しの理由が同じだった。

先月、そして今週に入って
65歳まで働こうと思っていたけど
仕事を辞めなければならなくなったという
50代後半と61歳の知人2人の話しを聞いたのですが

その理由が2人共同じだったので
これから先の親の老後と子供の生活について
私もいろいろと考えてしまいました。

1人はご主人と二人暮らしでパート勤務。
でも近くに住む娘さんが2人目を出産し
娘夫婦が共働きするために
自分が孫の面倒をみなくてはならなくなった・・

もう1人の方は、ずっとシングルで
一旦定年して再就職したけど
子供が離婚して幼い子供を連れて帰ってくるので
自分が保育園の送迎などをしないと
シフト制で働く娘が仕事を続けられなくなるから・・
という内容だったのです。

老後資金に余裕があって
これから先の受給額が減らないのであれば
60歳から65歳までの5年間は貯金や退職金で
不安も少なくなるとは思うけど

今後は、人生100年時代と言われているので
老後資金は80代ぐらいまでと考えていたら
足りなくなるので、もう一度見直しをという
ニュース記事も目にするし・・
今は夫婦共に元気でも、高齢になって
いつかどちらか1人になると、年金は少なくなるし・・

60歳過ぎても働けるのであれば
仕事を続けた方がいいのだけど

親世代、子世代のそれぞれの仕事、
働く(働ける)状況や環境などを考えると
予定通りにはいかないこともあるのだと思いました。

そして、私自身も
子供がこちらに帰ってくることがなかったとしても
結婚して孫が生まれたら
その時の事情、場合によっては
手伝いに行くことが多くなるかもしれないんですよね・・。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク