この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

4月の電気代。前年同月よりも使用量が減った理由は・・

平成30年4月分の電気料金は11,199円でした。
(全ての部屋の暖房、給湯、IH調理器、照明など。)

先月と比べると、4,134円下がりました。
たぶん、これは・・少しずつ暖かくなってきたので
暖房をつける時間が短くなってきたからだと思います。(^^)

オール電化にする前の平成27年の4月は
電気料金が19,599円、
そして、それにガスも使っていたのでプラス6,248円
光熱費の合計は25,847円になっていたので

それからすると、今年の光熱費と
平成27年の同月の全ての光熱費(ガス+電気)の差額を比べてみると
1ヶ月分が14,648円、浮いたことになります。

でも、この時は下の子が同居していたので3人家族でした。
去年の春から1人暮らしを始めて夫婦二人になったのもあり
その分を差し引いて

それまでは、端数を別にしていた
光熱費の差額貯金は
去年からキリのよいところで1万円ずつにしました。

差額貯金の合計は2年9ヶ月で375,706円になりました。(^^)

この1年を振り返ると
下の子が巣立ち、去年の9月に新しい家族(猫)が増え
初めて迎えた冬は、エアコン、こたつと
今までよりも暖房を入れていた時間も増え

24時間換気システムのスイッチを入れることも多くなりましたが
寒さの厳しい12月~2月に使用料が少し多くなっても
それ以外の月は、変わらないどころか
前年度同月と比べると、使用料は18%減少しています。

これは、深夜電力の午前8時までに
日中の家事を済ませて
17時から電気料金が安くなる時間に合わせて
調理ができるように・・
それも関係しているかもしれません。(^^)

関連記事
※24時間換気システムと空気清浄機で電気料金はどう変わるか・・

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク