この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

節水型トイレ。私が気になったのは「きれい除菌水」と「タンク有りか無しか」・・ショールームに行ってお話しを聞きました。

先月の記事
「4月の水道代、また下がりましたが、
更なる節約のためにショールームの見学を予定。」
の続きになりますが
先日、TOTOさんのショールームに見学に行ってきました。

※注・今回の記事はトイレ、便座などが入りますので
お食事前後の方は閲覧にご注意ください。

我が家は築17年で、その当時は節水型のトイレではなく
詳しくは→節水型トイレにした方が・・17年目の我が家の場合
ウォシュレットやその他機能なども昔のままで
今のような多彩な節電方法の便座ではないので
今回はとりあえず、この2つを重点的に確認したいと思っていましたが
実際に見て、聞いてみると

除菌、防汚などの清潔機能、なのでお掃除簡単という
主婦には嬉しい機能がたくさんあり
この17年・・約20年の間にこんなに進化していたんだ・・と
驚くことばかりでした。

今回は私1人で見学に行ったため
お話しを聞きながら私が個人的に感じたところで
トイレのタイプを選びました。
(たぶんリフォームはまだ先になります。)

私は今まで節水型トイレは
全部同じでウォシュレット機能だけが違うと思っていたのですが
便器には、タンクの無いタイプ(タンクレス)とタンクのあるタイプがあり
見た目はタンクレスの方がタンクが無いので
スッキリしていて後ろに凹凸が無いので
お掃除がしやすそうというのもあり
少しお値段はアップするけれど
やっぱりタンクレスがいいなと思っていたのです。

ところが・・
タンクレスの場合は、もしも故障して修理ができない場合には、
丸ごと交換、つまり買い替えしないといけないそうなのです。
でも、タンクのあるタイプならどちらかが故障しても
便器や便座だけ、タンクだけを交換すればいいそうなので、
何事も「もしも」のことを考えてしまう私は、
タンクのあるタイプの方がいいかなと思いました。
(タンク有りの方も便器の横から後ろにかけてカバーが付いているので、
今の便器よりもお掃除は楽になります。)

というわけで、今回はピュアレスト(便器)にタンク(手洗い無し)、
ウォシュレット アプリコットを選んでみました。

20180515 トイレ

気になる節水ですが、今までと比べると年間に約14,200円お得。
節電効果は瞬間暖房便座、タイマー節電・おまかせ節電、スーパーおまかせ節電。
タイマー節電だけでも従来品と比べると年間5,100円のお得だそうです。

清潔機能に関しては、便器、便座共に形状なども含めて
技術が進歩して汚れがつきにくくなったのと、トルネード洗浄・・
他にも「きれい除菌水」によって汚れのもとになる菌を除菌するそうで
中でも私が一番気になったのがウォシュレットのノズル

実は、私はこれまで自宅のウォシュレットも使ったことがなかったのです。
その理由が、お掃除をしてもノズルの部分まで綺麗になっているのかどうか
それが気になってしまって・・(^^;
でも、アプリコットは「きれい除菌水」のチカラで便器とノズルのキレイが長持ちし
使用前後にノズル内部まで除菌してくれるのです。
(ショールームで除菌水が流れるのを実際に見学しました。)

とりあえず、見積もりをしていただいたところ24万円ぐらいでしたが
これには取り付け工事費が入っていないので
それを入れると30万円近くかかるのでしょうか。

でも、まだ夫とは詳しいことを話し合っていないのと
お風呂のこともあるので
ショールームで頂いたレストルームカタログを
もう一度じっくり見て、焦らずにゆっくりと考えたいと思います。

お風呂の見積もりもしてもらいたかったのですが
時間が無かったので、またの機会に・・。

お風呂のリフォームで気になっていたところを聞いてきたので
それはまた今度書こうと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク