FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

避難する直前、する時、その後に感じたこと。

前々回から今回にかけての記事は
大雨による特別警報で避難指示があった
私(一個人)の場合で書いています。
住んでいる地域によって(高台、河川の近くなど)
避難場所や持参する防災用品も違ってくると思いますので
このブログの記事は一つの例として読んでいただけたら・・
そのように思っています。

過去に大雨による被害があった地域なので
それ以来、その他の災害にも備えて
すぐに家から出られるようにと防災リュックを準備し、
梅雨時には必ず防災用品の再点検をしている私なのですが

今回、避難する直前に
家のカギをポケットに入れようとして気づいたのが・・
「あっ!ポケットが無い!」
なんと、その日に限って着ていたシャツブラウスと
履いていたスキニータイプのパンツには
ポケットがついていなかったのです。

避難所に着いた後のことを考えると
ハンカチやティッシュ、小銭やちょっとしたものを入れるのに
ポケットがあった方が絶対に便利・・そう思っていたのに、どうしよう・・
今から着替えに2階に上がるか、でもすぐに出ないと・・

その瞬間に、「そうだ、エプロン!」
急いでキッチン横の小さなクローゼットから
前に2つポケットがついたエプロンを取り出し
頭の上からかぶるようにして身につけながら
玄関のドアを閉め、とりあえずカギをポケットに。
(その後、カギが無くならないように車の中でリュックへ。)

そして避難所では、別室や廊下に移動する際に
ハンカチ、ティシュ、スマホだけでなくペンやビニール袋など
その時々でポケットにサッと入れて使うことができたので
エプロンを持ってきて(着けてきて)よかったと思いました。

普段は上下どちらかにポケットがある服を着ているのに
この日に限って・・・だったのですが
でも、何かが起こる時というのは
この時に限って・・ということが多いような気もします。

それから、防災用品をリュックに詰めていた時も
少し感じてはいたのですが
リュックの中が一杯でかさばり、結構重かったのです。
今回は車で避難することができたのですが
道路が冠水して車が出せない状況で
歩いて避難になった場合は
この重さでスムーズに歩けるのか(走る場合も)
それも考えないといけないなと思いました。

でも、今はまだ他のこともあるので
もう少し落ち着いてから、いろいろと考えようと思います。
こちらは昨日、特別警報が解除されました。
今日も雨が降っていますが、少しずつ弱くなっています。

関連記事→カテゴリ 防犯と防災関連

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク