FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

夫の本音・・家のこと

家に関するテレビ番組を観ていて
最近思ったことが・・

昔は、何気なくTVをつけた時に
古くなった自分の家をリフォームする
ビフォーアフターやドリームハウス(だったと思う)が放映されていると
それとなくみんな集まってきて
家族みんなでよく観ていたのですが

子供が離れ、夫婦二人になり
1~2年ぐらい前からは、都会から田舎に移住して
古民家を自分たちで手直ししながら
畑で野菜を作ったりする方たちや
空き家を安く購入してリノベーションして
小さな暮らしを始めた方などの様子をみて

定年退職を控えた50代後半の夫の
今の本音がポロり・・
「日本風の中古の家を買って、その時々のライフスタイルに合わせて
少しずつ手を加えながら住んでいった方が良かったなぁ・・。」

それを聞いて、「あ~・・またまた、だからあの時も言ったじゃない・・。」
そう思いましたが、4ヶ月前に言ったばかりだったので
今回はもう何も言いませんでした。(^^;

家

この家を建てると決める前に、私が見つけていた中古の家。
私の考えでは、お風呂とトイレとキッチンだけリフォームして
ユニット式の防音室ナサールかアビテックスを設置して
子供が独立して、遠くに住み続けるのであれば
夫の定年後に夫婦二人が住む小さな平屋に建て替えするか
老後のことを考えて、子供と同じ居住地の市内(区内)に
移り住むか・・今、こんなに悩まなくても
いろんなことがスムーズに考えられたのに・・。

でも、これは過ぎてしまったことなので
あの時・・ってあまり考えずに
これからの私たち家族の、その時々の状況で考えていこうと思っています。

今日、こんな記事を書いてしまったのは
夫が言ったことの中の1つの「日本風の・・・・。」ここなのですが
実は、私も50代半ばになって、そう思うことが多くなったんですね。

夫が40代前半、私が30代後半で建てた家は輸入住宅。
冬は暖かくて防音効果も高く、気に入って住んでいましたが
変わりゆく環境も含めて、いろいろと思うところが・・。
(ちょっと後悔のバルコニーも老後は雪下ろしなどキツイところも・・)

長くなったので、またいつか関連記事で書きますね。

関連記事
※あの物件にしていたら、今の半分のローンで10年で完済していたのに・・
※20年から25年で「売家」に・・
※固定資産税だけの問題じゃないよ。なんと、子供のほうがしっかりしていた・・。
※周囲に迷惑をかけない環境を作ることに(音の問題)
※老後を考えると・・バルコニーの雪の不安

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク