FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

マイクロプラスチック・・海と健康と環境問題を考える。

今朝、羽鳥さんのモーニングショーで
今現在と今後の環境問題の中の1つになっている
海の極小ゴミ・・マイクロプラスチックの実態が
取りあげられていました。

マイクロプラスチックとは5mm以下のプラスチックのことで
たとえば、ペットボトルを海に捨てると太陽や波風で劣化し
細かく粉砕し、それをプランクトンが食べ
そのプランクトンを魚が食べて、その魚を人間が食べる・・。
つまり人間の体内に入ってしまうことになります。

マイクロプラスチック自体は体外に排出されるそうですが
有害物質が吸着しやすいので、それは体内に残ると
言われているそうです。
今のところは健康被害が出ていないそうですが
今後、プラスチックごみの量が増えていけば
健康にも関わってくるので
私自身もですが、ひとりひとりが環境に対して
意識していかなければならないと思いました。

今朝のテレビの画面に映し出されたのはカリブ海で
波で海岸に打ち上げられた大量のペットボトルなどの
プラスチックごみを見て驚いてしまったのですが
マイクロプラスチックが魚や貝にどのような影響を与えるのかを調査すると
アメリカではメダカで肝機能障害や肝臓腫瘍、
フランスではカキで生殖能力低下などがわかったそうです。
でも、これは遠い国だけの問題ではなく

スーパーのレジ袋が年間300億枚消費される
プラスチック消費大国の日本も考えなくてはならない問題で
(マイクロプラスチックは黒潮にのって東南アジアからも流れてくる)
東京湾では調査するためにとった
カタクチイワシの8割から1mm弱のマイクロプラスチックが・・
ムール貝21個すべてからも検出されたと知り

今のままの状況だと、数十年後には
魚よりもゴミが増える日がくると言われていますが

これからの子供たちの未来のためにも、1人1人が
ペットボトルからマイボトルへ
レジ袋からエコバッグへ変えていくだけでも違うと思うし
プラスチックストローを廃止するという
そのような取り組みをしている企業も出てきたので

数十年後には、今よりもゴミが減っていた、そんな海になるように・・。
私も今の自分の生活の中で
環境問題についてもう一度考え、見直していこうと思いました。

そして、数年前に環境について
様々な取り組みを学べる博物館に行った時に
プラスチックに代わる「あるモノ」を購入していました。

これは、環境省が今後は
循環する「バイオプラスチック」に変えていく
・・ということも言っているそうなのですが
もしかすると、これはそれと同じことなのかも・・そう思ったので
次の記事で書きたいと思っています。


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク