FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「お互いさまですよ。」いつか立場が逆になる時もくるから・・・

たくさんの家が並んだ大きな住宅街もあれば
数件から数十件並んだミニ区画という住宅地もあります。

その周辺も街中であったり
近くに山があったり、川があったり、田んぼがあったり
環境もそれぞれに違うと思います。

一区画ごとの土地面積も違うし
そこに立ち並ぶ家もそれぞれに違うし

家を建てる時にしても その後のメンテナンスにしても
家をあつかうことになれば
それなりに 大変だと思います。

宅地が売りに出されて
一番最初に家を建てた場合は(我が家もですが)
他の区画の家が全て建ち上がるまでに

その近辺は、地盤改良の砂埃や音から始まり
全てが終わるまでには・・いろいろありますが

でもそれは、私としては
いずれ十数年後には、こちらもメンテナンスで
多少の音や風向きによっては埃など
ご迷惑をかけてしまうことがあると思うので

全ての家が建ちあがる2年ちょっとの間は、
窓を開けていたら床が埃でザラザラになっても
大きな音が続いても、それはいつか

こちらも逆の立場になる時がくるのだから
「お互いさま」の気持ちでいたいなと・・そう思っていました。

でも、人にはそれぞれいろいろな気持ちがあります。
(建ち上がるまでの砂埃や音を経験しないまま入居された・・などで・・)

御挨拶に伺った時に
同じように「お互いさまですよ。」
そう思ってくださる方とお話しができた時は
緊張の糸が、ほっと・・緩んでしまいました。

花

10年、15年、20年・・
どんな家でもいずれメンテナンスの時期はやってきます。
今度は、こちらが「お互いさまですよ。」と
声を掛けさせていただきたい・・そう思いました。

いろんなことを思った今年の秋でした。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク