FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

水漏れ前に早期発見、シンク下の排管まわりは部品交換だけで済みました。

前回の記事「築17年目、キッチンの蛇口を交換」の続きです。
最初に業者さんに来ていただいた時に
シンクの下の配管まわりの水漏れ点検をされたのですが

17年経って、分岐水栓や止水栓に錆が出ていたそうで
「このまま放っておくと、いつか水漏れしますね。」と言われてビックリ・・。

ここは引き出しになっていて、鍋を収納しているので
いつも開け閉めしていますが
下に水が溜まっているわけでもなかったので
見た目には全然わからなかったのですが

触ると、しっとりといいますか、じんわりと水分が・・という感じ。
ちょっと怖かったのは、今回の蛇口交換をしなかったら
シンク下の点検もしていなかったと思うので

そのままにしていたら、劣化が進んで
気がつかないうちに水漏れをして床までいっていたかも・・
そう思うと、家の年数が経ってくるにつれ
これからは、水回りは特に気をつけて
自分でも点検をしていかなければならないと思いました。

おかげさまで、今回は、分岐水栓と止水栓だけの交換で済みました。

シンク下

年数が経って、システムキッチンは大丈夫でも排水管などは
やりかえないと、水漏れなどで床にまで影響が出てしまった
という話しを聞いたことがあるのですが
正直、今まではピンとこなかったのです。

でも、我が家も築17年になって、今回の件で
その意味が少しずつわかってきたような気がしました。

そして、早めにメンテナンスをすることで
修理や補修の費用が少なくて済むことがわかりました。
(配管まわりの部品と工事費で1万円以内でした。
前回の蛇口の代金は別になっています。)

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク