FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

金額はそのままで新しい商品に。ショールーム見学で・・お風呂のリフォームのこと。

今年で築19年目になる我が家のお風呂ですが
2年ほど前から、いずれやってくるリフォームのことを考え
いろいろな情報を集めていたのですが

昨年の秋に業者さんに見ていただいた時
そろそろリフォームの時期ですね・・ということで
年明けから春までの間に工事をすることになり契約をしました。

パネルの色や柄などはまだ決めていなかったのですが
工事はまだ何ヶ月か先なので、カタログやサンプルを見て
ゆっくり決める時間があったので
都合がつけば実際にショールームに行って
パネルの色、柄含めて、展示してあるいろんなタイプの
システムバスを見たほうがいいかも・・そう思い
昨年末に行って、最終的に決定したのですが

契約時に仕様はすべて決めていたものの
改めてショールームに行って(2年前にも見学していた)
実際に新商品などを見て、変更、追加したものがいくつかあり
契約時には、予算が膨らむからと諦めていた仕様も
我が家には必要ないものを省いたり、小さくして浮いた分で
オプションをつけることができました。

1つの記事だと長くなるので分けて書こうと思いますが
今回、私が感じたのは、可能であれば
できるだけ多くの商品が展示してあるショールームで見学をした方がいいかなと。
そして、契約後でも、このオプションはつけたいなぁ・・
そのような気持ちが残っていて、後で後悔しそう・・
そう思うのであれば、カタログだけではなく、
もう一度実際の商品を見て
メーカーさんのお話を聞いて最終的に決めたほうが
どちらにしても納得できそうな、そんな気がしました。

我が家の場合は、1年半前に私が1人でショールームを訪れて
1度は見学していたのですが、今回リフォーム業者さんと契約して
その後、夫と二人で改めてTOTOさんのショールームに行って
内容を変更したのですが、例を1つ挙げるとすれば

リフォームを考え始めた頃から、
浴槽は絶対に「節水風呂」のラウンド浴槽と決めていたので
契約時には、それにしていたのです。
ところが・・ショールームに行って説明を受けていると
この商品が年明けには、進化した「ゆるリラ浴槽」になるので
金額はそのままで新しい商品にもできますよ・・ということで
それならば、そちらでお願いします・・と変更することができました。
(節水効果もある「ゆるリラ浴槽」については、また今度別記事で。)

メーカーさんは、毎年新しい商品を開発してあるので
契約後、工事の時期が年を越してしまう場合は
もしかしたら、その後で決めていた商品が新しくなっていることもある・・
そんな場合もあるのだと思いました。

他にも、やはりショールームに行って
良かったと思ったことがいくつかありましたので
また少しずつ書いていきたいと思っています。

花 デイジー

浴室リフォームのことを考え始めてからの記事を
カテゴリ「浴室リフォーム」にまとめました。(^^)

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク