FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

基本仕様とオプションで、できるだけお掃除を楽に

前回の記事の続きです。
お風呂のリフォームの時は
できるだけお掃除が楽になるような仕様にしたい・・
そう思ってはいましたが
だからと言って、その何もかもにオプションをつけてしまうと
金額がポーンと上がってしまいます。
「お掃除ラクラクほっカラリ床」、「お掃除ラクラク排水口」は
基本仕様なのでそこは別として

前々から気になっていた「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」
実際にショールームで見ると、思っていたよりもワイパーの水の出が強く
これならボタン1つ押せば床面すみずみまで洗浄できるなぁ・・
やっぱり魅力的だと思ったのですが、ここで夫が

「最後にお風呂に入った人が床に向かってシャワーをかければいいから
これは諦めて、それよりも、今の浴槽はFRPだから19年経ってわかるように
年数が経つと色が変わったり汚れが目立ってくるから
人工大理石にした方が(はっ水、はつ油効果で汚れ落ちがとてもスムーズ)
浴槽の掃除は楽だと思うよ。」・・と言ったので

床ワイパー洗浄は諦めて、そのぶんを「お掃除ラクラク人大浴槽」に。
ここで、後になって気がついたのですが
人大浴槽にしたので、エプロンも人大かと思ったら浴槽とエプロンは別だったのですね。
考えてみればそうですよね。浴槽とエプロンは別物なので。
あとで、エプロンも人大に変更しました。

そして、照明ですが
今の我が家の浴室はこのような半球形が2個ついているのです。
ほやーっとやわらかい明かりで、気に入ってはいるのですが

お風呂の照明

窓を開けて風が入ってくると、上の方にホコリがたまりやすくて
毎日拭くことができればよいのですが、
忙しくて念入りに掃除できない時や
今のように踏み台に上がれない状態の時は
ここまでサッと手が届かないので・・

お風呂の照明

今回は、天井にそのまま取り付ける
シーリング照明にしました。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク