FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

浴室の壁の収納棚は外して、浴室換気暖房乾燥機、ドア、手すりなどは・・

浴室リフォーム前の記事の続きですが
我が家の今のお風呂には浴室暖房が無いので
真冬になると、一番最初に浴室に入った時は冷え冷え・・。
気温の急激な変化はヒートショックを起こす原因にもなるので
これからの老後に向かっての健康のことを考えて
これを機会に、浴室換気暖房乾燥機をつけてもらうことにしました。
衣類乾燥もできれば、雨の日も助かりそうです。

ショールームに行くまでは、お掃除のことを考えると
ドアは引き戸がいいと思っていたのですが
昔とは違って折戸の換気口の位置が変わり
ゴムパッキンをなくすことで汚れやカビがつきにくくなっているというのを
実際に見て、それならスペース的に折戸の方がいいかなと
スッキリドア折戸にしました。

そうそう、今は鏡も基本仕様で
炭素の幕で水あかのこびり付きを抑える
お掃除ラクラク鏡になっているんですね。

それと、カウンター上の棚が広いので
壁には収納棚を取り付けず、あとで必要であれば
マグネットタイプのものを使うことにしました。
(マグネットだと取り外せるので壁が洗いやすいかなと・・。)

それから、今の私の動きは(脚が悪いので)老後の状態と同じなので
実際にどこに手すりがあるのが一番使いやすいか・・
それがよくわかったので、手すりの位置と長さを大きく変更しました。

あ、そうです、壁(パネル)もカタログと実物では
微妙に色が違うといいますか、展示してある浴室で見ると
床と壁の色の組み合わせで、雰囲気や明るさが違って見えたので
ショールームの模型で色合わせをしてもらって良かったと思いました。

花 ビオラ 小

大きな変更はこんなところなのですが
詳しくは、リフォームが終わってから(春になりますが)
実際の「ゆるリラ浴槽」の写真と共にお伝えしたいと思います。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク