この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

老後の計画を立てていても、なかなかその通りには・・

ブログ開設から早や4年と6ヶ月。
光熱費の記録から始まり、子供の教育費が終了し
今度は老後資金が気になり始め
自分たちが年齢を重ねると同時に
18年前に建てた家も次から次へとメンテナンス、リフォームの時期が来て
このままこの家に住む続けるのか、それとも
老後に向けて住み替えを考えるのか・・

日々の生活を記録しながらも
そんなことをずっと考えてきて
外壁塗装に踏み切ったあたりから
高齢になっても、できる限りこの家で暮らしていく・・
今現在もその気持ちに変わりはないけれど

予定は未定という言葉があるように
体が動く元気なうちに老後の計画を立てていても
何事もすべてがその通りに行かないかもしれない・・

そうやって身をもって感じたのが今回の私の突然の入院と
退院後の完治するまでが少し不自由な自分の生活と
遠くにいる子供に頼れない今後の夫婦2人の老後の生活。

今は私1人がこんな風で夫が動けるので何とかなっているけれど
これが(今度)2人で病院にかかるようになったら
今のところは、まだそうなっても何とかなるけれど
年齢が上がれば上がるほど、大変になるなぁと・・。

そんなことを考えると、金銭的なことを含めて
子供に頼るつもりはないけれど
怪我や病気で入院することになったり
何らかの施設のお世話になることもあるかもしれない。
そんな時には手続きが必要だし
遠くにいれば、それだけでも子供が出てこないといけなくなるから
いろいろと迷惑をかけてしまうことになるなぁ・・
そんなことを考えてしまった。

そうなると、やはり最終的には
子供がいる近くに住まいを移した方がいいのだろうか。
現実的には難しいけれど、10年、15年後を考えて・・。

緑の屋根の家

先週から今週にかけては
そうやって考えることが多い出来事ばかりだった。
(この件は、すべてが終わった後にまた・・。)

築15年目から少しずつやってきたメンテナンスとリフォーム。
とりあえず、リフォームは今のところはお風呂までで終了と決めた。
(メンテナンスは続けます。)

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク