この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

医療費控除の確定申告が変更になっていたことを知らなかった私

昨年は、年が明けてからの夫の通院や薬代
そして、私の突然のケガからの手術、入院、通院で
多くの医療費がかかってしまったので
今年は医療費控除があるのでは・・そう思ったので
2月17日から3月16日までに
確定申告をしなければと思っていたところに
毎月定期購読しているハルメクが届いたのですが
開いてみると、ちょうど確定申告のことが書いてあったので
目を通していると・・
ハルメク

えっ?医療費控除・・昔とちょっと違う?
確か昔は領収書を添付しなければならなかったのですが
添付が不要になったようです。
(ただし領収書は5年間保存する義務があるそうなので
大切に保管しておかなくてはならないそうです。)

でも、その代わりに医療費控除の明細書に1年分の医療費の金額を
記入するようになったそうですが
健康保険組合などから送られてくる「医療費のお知らせ」
これを添付すれば「医療費控除の明細書」は記入しなくてもいい・・?
・・ということは、時間もかからずにわりと簡単にできそう・・そう思って
この前届いた「医療費のお知らせ」の封書の中身を改めて確認したら・・

令和元年の9月分までしか記載されてなくて
10月から12月分については医療機関等からの領収書に基づき作成した
医療費控除の明細書を申告書に追加して添付してください・・と書いてありました。
私の場合、10月から入院して、翌月の退院後から毎週通院しているので
そのぶん(3ヶ月分)は明細書を書かなくてはならないようです。

来月の再入院までに確定申告をしておかなければと思っていたのですが
医療費控除の手続きの内容が少し変わっていることに
早く気がついてよかったと思いました。

私も早めに確定申告書と医療費控除の明細書を入手して
記入していこうと思います。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク