この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

子供にお金がかかる時期にリーマンショックを経験した当時の我が家のこと

新型コロナウイルスの感染が
これ以上拡大して終息が長引くと
経済にもかなりの影響が出てくるだろうと
以前から言われていましたが
昨日、TVで記者会見を観ていたら
「リーマンショックの際を上回る規模の緊急経済対策・・」
そんな言葉が聞こえてきた時に思い出したのが

リーマンショックの当時、我が家は上の子が大学進学、
下の子は翌年に高校入学を控えた頃で
私が勤めていた会社もそのあおりを受け人員削減が始まり
私自身もいつリストラされるかもしれないという不安を感じていましたが
最終的には会社に残ることができたものの
人数が少なくなった分、体調が悪い時も休めず、早退もできない状況が続き
その結果、子供が大学を卒業するまでは働くつもりでしたが
体調が悪化して、その後、仕事を辞めなければならなくなりました。

子供にお金がかかる時期にリーマンショックを経験し
その当時、自分と同じような家庭環境だった職場の同僚と
今、仕事をしないわけにはいかない、
もしもリストラされたら、次の仕事がすぐ見つかるだろうか
子供の進学のことを考えると、夜も眠れないよ・・と
お昼休みに毎日のように話していたことを思い出しました。

仕事をするのは生活のため・・それはそうなのですが
あの時の私の頭の中には、子供を学校に(進学させる)行かせること
それが、どんなにきつくても(体調が悪くても)
自分が働いて収入を得ることと繋がっていたので
仕事を失うことの不安は、精神的にもとても大きかったのです。
(上の子が大学を卒業するまではなんとか働くことができましたが
下の子の卒業までは体調の関係で無理でした。)

葉 雨 しずく

今までにも たまにリーマンショックという言葉を聞くと
もう、あのようなことは起こらないで欲しい・・そう思っていたのですが
昨日、TVからその言葉を聞いた時に
今後、働く人たちの仕事への不安が大きくならないような
経済対策をお願いいたします・・心からそう思ったのでした。

進学したいという子供たちの気持ちが揺らぐことなく
夢に向かって進むことができますように。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク