FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

厄年の厄除け、厄払い・・どうしていますか?

厄年の厄払い・・
私は、昔・・、するとかしないとか
そんなことさえも考えていなかったのですが

子供が生まれてからは
家族の誰かが本厄の年は
お正月の間に、神社で厄払いを
受けています。

それは、私自身が19歳と33歳の本厄の時に
考えられない状況での怪我と病気で
入院したことがあったからなんです。

33歳の時は、持病でも何でもない、本当に突然のこと。
病院で「もしもの時は、命も危ないですよ。」
そう言われたほどだったのですが

その時は下の子を妊娠中だったので
地方によっては、出産すると厄落としになる・・と

聞いていたのですが、やはりその後は
母子共に長いこと病院通いが続きました。

何もかもを厄年のせいにするつもりはないのですが
不思議と、怪我と大病が重なったのが厄年だったので

もしもこれが夫だったら、そして子供たちだったら・・
そう思うと、厄払いをしてもらって
もしも何かが起こっても、小さく済めば
ああ、このくらいですんで良かったと思えるだろう、

そして、気持ちの上で違ってくるかもしれない・・
そう思ったので、ご祈祷を受けるようになりました。

祈祷料は神社によって異なるようですが
我が家がいつも厄払いをしてもらっている神社は、
5,000円です。(3,000円~7,000円のところも。)

我が家では上の子が昨年が本厄で、
今年はまだ後厄が残っているので
初詣の時に、厄除けのお守りを買いました。
(ご祈祷は本厄だけで、前厄、後厄はお守りだけにしています。)

そうそう、男性の大厄は42歳といいますが
大きな買い物をすると厄除けになる・・
そんな言い伝えもありますよね。

実は、我が家も夫が大厄の時に家を建てました。
他にも理由はあったのですが、本来は、定年後に
家を建てるというのが早まった理由の一つには
それもあったんですね。
(今頃になって思い出しました。(^^;・・)

でも、地方によっては
本厄の時に大きなお金を使わない方がいい
という言い伝えもあるようなので
気になる方は、調べてみてくださいね。(^^)



.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク