この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

予備のマスクを忘れた時に限って・・こんなことになるとは・・

今日はペットの通院だったのですが
週明けの月曜日はいつも多いので
病院が開く頃に早めに行って受付を済ませないと
1時間以上待たなくてはならない時があるので
今朝はバタバタしながら出かける準備をしてしまったのですが
実は・・それが後から
「こんな時に限って」・・ということになってしまいました。

早めに行ったおかげで順番は3番目。
でも検査などがあったので
会計を済ませて外に出て
タクシー会社に電話をする時にマスクを外して
外はとても暑かったので「すぐに向かいます。」その返事にホッとして
外したマスクをつけようとした瞬間
「プツン!」
なんと、マスクのゴム紐が切れてしまったのです。

えーっ!不織布のマスクの紐って切れるの?
まだ時間ぐらいしか使っていないのに。
こんなことは初めてだった私ですが
いつも予備に1枚バッグに入れているので大丈夫・・そう思っていたら

今日は両手が使えるようにショルダータイプのがま口バッグにしていたので
予備マスクを入れるのを忘れていたことに気がついて
「どうしよう、マスクをしていなかったらタクシーに乗れないかも。」
自分1人なら時間がかかっても歩いてでも帰るけど
約6kgの体重のペットの入ったキャリーバッグを抱えて
しかも怪我をしてから、重量のあるものを持ったまま
ずっと歩き続けることができないので
(近くにコンビニも無いのでマスクを買いに行けない)

どうしよう~~・・、でも考えている今にもタクシーが来てしまいそう・・
そこで、ペットのキャリーバッグをベンチに置いてから
マスクの端っこを指でつまむように小さく破って穴を開けようと思い
何度もやってみたけど力を入れすぎると端まで破れそう・・
でも、少しずつ薄くなってきて、最後には小さな穴のように破れたので
何とかそこに外れたゴム紐を通して結んで
ホッとしたところでタクシーが到着。
こんな感じ。↓
マスク

おかげさまで無事、家に帰り着きましたが
まさか、こんなことになるとは思わず
本当に焦りました。
これからはどんなに急いでいても
予備のマスクを忘れないようにしなくては・・
そう思った今日の出来事でした。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク