この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

これからは毎月2万円・・検査、治療費のために頑張ります。

今年は我が家のペット(猫)の入院や
その前後の通院治療と
私たち夫婦の定期的な通院含めると
大きな出費が続いた半年でしたが
最近になって、うちのにゃんこの
体調がやっと落ち着いてきたのでホッとしましたが
結果的に、患部(腎臓)が慢性的な病気であったことが判明し
これから先も、ずっと長期の治療が続くことになりました。
(うちの猫の場合は、たぶん一生治療が続くと思います。)

退院後の約1ヶ月は、体調の急変が何度かあったので
診察日以外にも検査、点滴や注射、頓服薬をもらいに行ったりで
週に1万円から1万5千円ほどかかっていましたが
2週間前からはやっと体調が落ち着いてきたので
今の状態を維持できるように
(慢性の腎臓病が今よりもひどくならないように)
普段の生活で異常が見られなければ
月に1度の検査と診察、そして内服薬とサプリメントを飲むことになりました。

これから毎月かかるであろう金額は
再診料、血液検査、超音波検査で5,300円。
内服薬とサプリメント、処方料で13,400円。(プラス消費税)
超音波検査は、しなくても良い時もありますが
血液検査の数値が高かった場合は、すぐにやっておかないと
もしも異常があった場合、動物はすぐに急変するので
とりあえず、項目に入れています。
でも、超音波検査をしなくても、その時に貧血が出れば
その注射をしなければならないので
毎月2万円前後の治療費は考えておかなければなりません。

実は、うちの猫は保護猫で、迎える前に手術をしていたり
我が家に来てすぐにアレルギーや膀胱炎で病院にかかったので
すでにいくつかの既往歴があったため、ペット保険に入らなかったのです。
なので、これからの治療費とお薬代を考えると
日々の節約はもちろんですが
生活の中の無駄をもっと省いていかないと・・そう思っています。
(見直さないといけないところがいくつか出てきました。)

花

4年前に下の子が大学を卒業して社会人になり
遠くで1人暮らしを始めてからは夫婦2人の生活になり
それからは老後の備えのためにいろいろとやってきましたが
今度はそれプラス、我が子と同じぐらいに可愛くて大事な猫のために
頑張っていきたいと思います。(=^・^=)

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク