この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

上の子の家の購入の件、内容が全く違う方向に・・

年末まで帰省できないと言っていた上の子が急に帰ってくることになって
何かあったのかと少し心配していましたが
相変わらず夫婦円満なようで、それだけを聞けば親としてはホッとして
後は、普通に、この1年のお互いの様子を報告しあいながら
お茶を飲んだり、ご飯を食べたりして、和やかに過ごした3日間でした。

子どもが家から巣立って、自分の力で生活できるようになってからは
よっぽどのことがない限りは、親から口出しをすることも少なくなり
結婚してからは、上の子から連絡があった時に話す程度で
こちらからアドバイスをするときも、やんわりとしかしていませんでした。

でも、今回、今すぐではないけれど
もうそろそろ家を購入しようと思っているという話を聞いた時に
それが、前に聞いていた内容とかなり違ってきていたので
焦らずに、もう少しいろんな角度から考えてみた方がいいのではないかと
立地条件や後にやってくるメンテナンス費用などのことを
夫と二人でアドバイスをしたら、ハッとした感じだったので
もう少し時間をかけて物件選びをしてくれるかな・・そう思ったのですが
お嫁さんの気持ちもあると思うので、そこはどうなるか・・。

赤い屋根の家

家は大きな買い物だし、ローンを組むとなると頭金をどのくらい入れるのかで
月々の返済金額も変わってくるし
上の子たちが高齢になった時の年金の受給額は
今よりもかなり下がっているだろうから
老後資金とメンテナンス費用と子供の教育費を
バランスよく貯金していかなきゃならないし・・。
それじゃ、土地の安いところとなったら
会社、学校、病院などが遠くなるだろうから
車も2台必要になって、その分の維持費もかかるし。

3年前までは
家を買うまでに頭金をしっかり貯めて
会社に近くて、わりと便利のよい場所の中古住宅をリノベーションする予定・・
そんな風に聞いていたので
それがいいよね、私たちもそうすればよかったなぁ・・と
夫と二人で話していたのですが
今回は、それとはまったく違う方向で考えているようなので
ちょっとだけですが、アドバイスをしました。

もう少し話をしたい気持ちもありましたが
また年末に帰省するということなので
その時に、このブログのカテゴリにもある
土地選びからこの家を建てるまでの「この家の歴史」
メンテナンスなどの「我が家あれこれ」の中で書いていたことを話して
少しでも参考にしてもらえたら・・そう思っています。


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク