FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

機械(インターホン)は壊れてないけど、買い替えになるかもしれない。

昨日の「今度はインターホンが壊れた」の続きです。

新築した当時の我が家のインターホンは、
受話器タイプのテレビドアホンだったんですが、
一般的に言われている寿命(10~15年)のとおり
11年目に壊れてしまったので、今のハンズフリーのものを
取り付けてもらいました。

今年で4年目。まだまだ大丈夫・・・なはず・・・
ところが、何の前触れもなく突然、いつもは点滅しない
赤いランプがチカチカしたので、もしや!そう思って
子機のボタンを押すと、ピンポーンも鳴らなければ
テレビ画面にも何も映らなくなっていたんです。

機械自体は古くはないので、もしかしたら
親機と子機の間の配線がショートしているかも?
でも、どちらにしても早く見てもらわないと
インターホンがないと防犯の面でも心配です。

とりあえず、機械が先ということで、昨日と今日で
見てもらったら、機械は異常無し。

ということは、考えられるのは配線のどこかの部分が
ショートしているのに違いないらしいんですが
これも今頃わかったんですが、ウチの場合は
床下にもぐらなきゃいけないらしくて、この作業の続きは
週明けとなりました。

前は、機械が壊れての取り換えだけだったので
簡単に済んだけど、今度はそうもいかないことに・・。

いえいえ、でも今回、時代と共に進化しているのねって
つくづく思ったのは、今はインターホンも最初から
ワイヤレスになっているそうで・・・
(みなさんのお宅もそうですか?)

我が家も、もしも配線の具合が
(たとえばどこか劣化して?なんだろうか)
うまくいかなければ、ワイヤレスのインターホンに
したほうがいいかもしれないとのことでした。
これまた、ががーん。

機械はまだ使えるのに・・・というわけで・・・何とか配線がうまくいってくれたらいいなと思っています。

それから・・
前記事に壁紙の件でコメントくださった方へ。
ありがとうございました。m(__)m


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク




0 Comments

Leave a comment