FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

扇風機だけでなくエアコンも使用頻度と年数から起こる火災の原因になることが・・・

昨年、扇風機のモーター部分が異常に熱くなって怖くなり、
買い替えた我が家ですが
(その時の記事⇒「扇風機の買い替え時・我が家の場合」)

昨日の新聞に、古くなった家電製品の異常に気づかずに
使用を続けた結果、それが原因で火災などの事故が
2007年から2015年3月までの8年間で279件も発生したそうで
その中で最も多かったのが扇風機の32.9%
そして、季節的に関連して書きますがエアコンは9.7%

どの程度使用したかと使用年数で危険度は違うそうですが
これまでの事故例では、エアコンの場合は製造から15年以上
扇風機は製造から20年以上経過したもので事故が発生する
傾向にあるらしい
のですが、(私が神経質かもしれないけど)
扇風機は20年使い続けるのはちょっと怖い気がします。
(長時間使用すると、モーター部分が熱くなるので。)

過去記事でも書きましたがモーターが熱くなったり、
スイッチを入れてもすぐに回らなかったり、回転が遅かったり、
焦げ臭い匂いがしているのに使い続けると発火する恐れ

あるそうです。

そして、エアコン・・
我が家は、14年目でリビングのエアコンを買いかえました。
冷えが悪くなってきたのと同時に、室外機の音が異常に
大きくなってきたんです。
今回の情報を知って、うちのエアコンも15年近かったから
やはり寿命がきていたんだなと思いました。
(もしもあのまま使い続けていたら・・・)

多くのものは大切に、長い期間使う私ですが
家電に関しては、安全第一を考えて、使用頻度と年数、
そして、スイッチを入れてしばらくはその状態を気にかけて
使うことにしています。

そうそう、過去にこんな記事も書いていました。
2015年9月26日「延長コードが発火というのは怖い」

神経質になるというわけではなく・・・家電製品は、年数が経過してきたら
ちょっと気にかけてあげる・・
それで事故も防げるのではないかなと思います。

考えてみると人間も老化していきますよね。
体のあちこちに痛みがあったり、体調もすぐれなかったり・・
やはり、どこかしら気にかけていくというのが
必要なのだと思いました。


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク