FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

あとは夫のお許しが出るかどうか・・

神戸北野異人館・・本当は全部回りたかったけど
時間の都合で5ヵ所だけの見学となりました。
昨日の記事の中で書いていた参考にしたいと思ったことの一つ・・
それ・・、実は今の家を建てる前に、私がこうしたい・・って
夫にお願いした時に却下されたことだったんです。
それが15年過ぎて、今の家をどうしていくのかと考え始めた今・・
たまたま、神戸を訪れ・・最後の風見鶏の館を訪れた時に
私の胸の中にふつふつとよみがえってきたのです。
風見鶏の館5

それが何なのかと言うと・・まず1枚目。
入った瞬間に、ピピッ・・私の中のアンテナに触れました。
家具も素敵ですが、家具ではなく・・
風見鶏の館1

ここはピアノも置いてあって、こんなに広くはないけど
雰囲気的にウチのリビングに似ている・・(雰囲気だけです。)
でも、建築年代が明治42年頃でかなり昔の建物なのに
どうしてこんなに温かみがあって、落ち着くんだろう・・
風見鶏の館2

その時に思い出したんです。
この家を建てる時に壁紙をこんな風にしたかったことを・・。

風見鶏の館4
個人的には、こんな感じ・・好きなんです。

でも夫は、シンプルな方が飽きがこないからと
家の壁紙は子供部屋以外はオフホワイトで統一。
それならせめて、トイレと洗面所だけでも花柄にさせて・・
というわけだったんですが、かなり控えめなんですね。

築15年が過ぎ、メンテも兼ねたプチリフォームが必要で
壁紙にするか、板を貼るか・・と今はここまでの段階ですが
神戸に行ってから、私の中では必要なところ以外でも
いろいろと考えて、そうお金をかけずにできるのであれば
オフホワイトの壁から、昔夢見た(今や50代のオバサンの夢?)
部屋ごとに雰囲気がちょっと違う家にしてみたい・・
そう思ったのです。

壁紙全面でお金がかかるのなら、ボーダーでもいいし
夫婦が元気なうちはこの家に住み続けると決めたのなら
私が部分的にペイントしようか・・・とも。
実は、賃貸一戸建ての時は、古い家だったので
大家さんの許可を得て、襖や壁にステンシルで
バラやチューリップなどを描かせてもらったんです。


こんな感じで、今のところは意気込んでいる私ですが
あとは夫のお許しが出るかどうか・・。

ご機嫌が良さそうな時に話してみようと思っています。


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク




0 Comments

Leave a comment