FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

巣立った後の「子供の部屋」を片付けようと決めた時・・

4月に下の子がこの家から巣立ったら
私は本当に本当の子育て終了のひと区切りとして
2階の子供部屋を片付けるつもりでいました。

でも、夫が納得してくれるかなぁ・・
「そのまま残しておけよ。」って言いそうで
なかなか言い出せなかったけど

先週末に夫婦で出かけた時に
ちらっとその話しを持ちだしたら
「実は、自分もそう思っていたし、どうするか少し考えてる。」
そんな答えが返ってきて

女の子に対する・・
母親と父親の気持ちは違うと思っていたけど
夫も同じ気持ちだったんだなぁと思うと
いろんな意味でじんわりとしてきました。

下の子にはいろんな環境を与えてきて
その中で自分で見つけた小さな夢は
どの方向へ進んでもいいようにと見守って
その夢は、3つの形に姿を変え・・

でも、その2つを選ぶとしたら、最終的には
この家の中で教室を持ってもいいよね・・
そんなことも考えていました。

そうでなくても、大学1年生の頃までは
遠くても、県内か近県しか行かないよって言っていたけど
まさか、まさかの
近県どころか、数年後には海の向こうに行ってしまうとは。

本来は、建てるつもりのなかった家・・・
たまに私はそう書いていることがあって
最初は定年退職後に小さな家を持つ、
そう思っていたのだけど

いつしか子供の夢を叶えるための一つの
キッカケになったのもあったし、それも家族それぞれが
頑張っていくエネルギーにもなっていったから
それはそれで・・良かったんだと思う今・・

でも、遠くに行くのは上の子だろうと
ずっと前から心の準備をしていたにもかかわらず
その全く逆で
下の子が、そうなってしまうとは・・
人生は本当にわからないものだなぁって・・・。

あらら、いけない、部屋をどんな風にしていくか
その記事を書こうと思っていたら
話しがどーんと逸れてしまったみたい。

この続き、また書きますね。
それから、本当は・

下の子のいくつかの夢や
どんな環境だったのかを詳しく書けば
伝わりやすいとは思うけど、そこを書きすぎると
個人情報のことがあるので、これからもやんわりとしか
書けないのをお許しください。m(__)m
(でも、過去記事で触れている部分があるので、
そこでピン・・とわかるかも。でも、大学は理系です。)

家計のやりくりをしながら
本人が興味を持ったことで、どんな方向でも進めるように
そう思ってきたので
最終的に子供が夢を広げて飛び立つのなら
喜ばないといけないんですよね・・。
それを応援してきたのも・・夫と私だから。

でも本音を言えば・・
やっぱり寂しいですけど・・

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク




0 Comments

Leave a comment