FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

火災保険の契約確認書が届いて、そこから考えたこと・・

火災保険と地震保険の契約確認のお知らせが届いたので、
その日のことはその日のうちに・・そう思って封書を開きながら、
ここでふっと思ったことが・・・

私はこれまでずっと、各種保険の契約証はわかりやすいように
一つのファイルに入れて保管しているのですが、一つ一つ取り出して中を開いてみないと契約期間や期日がはっきりと確認できない状態・・だったんです。

毎年契約更新のもの、例えば自動車保険などは毎年3月ね・・と覚えているけれど、長期契約にしているものはファイルを開いた
1~2枚目あたりに一覧表を作って契約期間と期日だけでも書いておけばすぐに確認できるし、夫や私に突然もしものことがあったとしても、離れて住む子供たちが「どうなってるんだ?」って表紙を開けば、簡単に確認できますよね。
(契約内容は時間のある時に確認すればいいので・・。)

それと、我が家は地震保険は5年毎、火災保険は30年契約、お知らせのハガキが届くとは思いますが、やはり契約が切れる前に自分たちできちんと確認しておかないと、もしも切れたことに気づかずに火災が起こってしまうと大変なことになります。

預貯金の一覧などは、すぐにわかるようにしていましたが、保険に関してはそこまでやっていなかったので、今日は早速、その作業をやっていきたいと思っています。(ついでに生命保険も。)

そうそう、去年、火災保険「時価払い」?「新価実損払い」?の続き・・我が家は・・という記事の中で、「我が家は新価実損払いのようです。」と書いていましたが、今あらためてきちんと確認すると、やはり「新価保険」になっていました。
(もしもの時は、評価額が下がっても新築できる保険料を受け取ることができます。)

関連記事
※「地震保険の契約証と更新期限のことを確認する」
※「火災保険「時価払い」?「新価実損払い」?の続き」

でも、今回は少し気になったことが・・
家を購入する際、ローンを組む時には火災保険に入らなくてはならないけど、ローンを組まずに購入した場合や契約期限を過ぎてもそのままにしている理由の中に、自分の家からは絶対に火を出さないので大丈夫と思ってある場合が・・というのを聞きました。
でも、もしももらい火で・・ということもあるので、保険に入らない場合は貯蓄を多めに考えておかないといけないですよね・・。
最近、読んだ雑誌の中に、老後資金関係の話しでは、老後は医療保険をどうするか、というのがよく取りあげられていますが、一瞬のうちに全てがなくなってしまう火災に対する備えも大事だと書いてありました。

14年後・・元気でいれば、まだここに住んでいると思うので、その時に更新手続きを忘れないようにしないと・・。
今からファイル整理を始めます・・。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク