FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

家は環境も一緒に買うとは聞いていたけど(そうはいかなかった)

前回の記事の続きです。

いくつかの視点から書きたいんですが
どうやって分けて書いたらいいのかな。
すみません、私、文章力がまるで無い。

それではここから。
家を新築する時には、「子供たちのため」が
気持ちの大部分を占めていたので
土地選びに関しては
1、上の子が転校しなくてもいいように
2、子供たちが通っていた病院に近いところ
3、車は1台しか所有しないので公共の交通機関が
 便利なところ。
この3つがポイントでしたが、この3つは
5~10年ですべてが真っ白状態に。

すでに過去記事で書いていますが
小学校は数年で卒業、下の子の病気はほぼ完治し
これに関してはめでたいということで良しとして
3の件に関しては、バス路線廃止という結果に。

その昔、家は環境も一緒に買うという言葉がありましたが
時代の流れと共に、不便になっていく場所もあるというのを
身を持って経験した我が家。

老後に自分たちの家を持つという最初の目標から
20年早く家を新築すると決めて、加速していった
その気持ちは、いつしか子供たちのために。

でも、その子どもたちは、この家に一生は住まない。
入居して上の子は14年後に独立し、下の子は17年で
巣立ちそうなんですが、どちらもこの家には戻ってきません。

そうなんですよ。
この土地で、そしてこの家に長く住むのは、
私たち夫婦だったんです。

立地条件からすると、車に乗れなくなった老後を考えると
少し不便な気がします。
バスさえあのまま通っていればと、昨日も話したことでした。

土地の次は家のことに続きます。


.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク