FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

家の購入、子供の教育費など大きなお金が動く前には「お金のプロ」(ファイナンシャルプランナー)に相談しました。

ライフスタイルが変化すると
保険の見直しをすることが多いと思うのですが
今からの我が家もちょうどその時期にきています。

その理由は、過去記事のこちらに↓
夫「4月から給料が減るぞー!」私「えっ?」(汗)

でも、実を言うと・・結婚して28年の間に
大きく保険を見直したのは2回。
(数年前に新しいガン保険に加入したのと
もしもの時(亡くなった時)の保障を夫婦で追加したのを除いて←でもこれは
あと2年の間に解約して別の保険に入る予定。
このことはまた別記事で・・。)

1回目の見直しは18年前に、将来家を購入するかどうか
とても悩んだ時期でした。
そしてタイミングよく、ちょうどその頃に学生時代の友人が
ファイナンシャルプランナーになったので
我が家の保険の見直しをしてくれるということになって
お願いしたのですが

年齢と家族構成からすると生命保険料が多すぎ!
減らせばその分を家のローンに回せるし
旦那さんにもしものことがあっても、団信があるから
それで住居費用はいらなくなるし、遺族年金と
学資保険もある・・そして奥さんもパートぐらいはするでしょう・・・・・と、年間の保険料のことを指摘されて納得。
そして、その後夫婦で、子供が大学進学までの大まかな
未来設計をして、家の購入を考えたのですが今度は・・

やっぱり少しでも頭金を多くした方が利息が少なくて済む・・
そう思って、最低限の貯金を残して保険も解約しようと
友人に相談したら、
「えっ?決めたの?ちょっと待ってすぐ行く。」・・と、
車で1時間かけてきてくれて、解約しようと思っていたものを
見てもらうと、「ちょっと待った!これはダメ!これだけは
絶対に解約してはダメ!」
そう言われたのが私の個人年金でした。

「これから先、こんなに率のいいものは出てこないよ。
解約したお金を足して少々頭金が増えるよりも
今は元気で働けるのだから、頑張って家のローンを払いながら
これを掛け続けた方がいい。受け取る時には
別に貯蓄したぐらいにはなってるから。」

実は、このアドバイスこそが、いずれやってくる老後の
私たち夫婦の不安を半分に減らしてくれたと言っても
過言ではなかったのです。
(結果的に友人のアドバイス通りに・・。でもこれだけでは
一般に言われている老後資金には足りませんが・・。)

その後、子供が大学進学後、専門学校にも同時に通った時など
思いがけない大きな出費がある度に悩むこともありましたが
これだけは絶対に解約してはダメ!そう思いながら
その時期を乗り越えてきた感じです。
私の知人はうちよりも
早い時期に家を購入したのですが・・

とにかく頭金を少しでも多く入れたほうがいいと言って
全ての定期を崩し、保険、年金すべて解約、
わずかな子供の貯金も頭金の足しにしたと聞きました。

それも一つの方法かもしれませんが
家の購入や子供の進学時に大きなお金が必要な時は
何かを解約してしまう前に、お金のプロに相談してみるのも
良いのではないかと自分の経験から思ったのです。

でも、私の場合は、友人がファイナンシャルプランナーだったのでラッキーだったのかもしれません。
もしも友人がいなかったら、たぶん・・解約していたと思うので、今から先を考えると、今現在、私が仕事をしないまま節約とやりくりだけでは老後資金は難しかったかも・・。
なので、いろんな情報は必要だと今でも感じています。
そして今も年に1~2回は「何事もない?」と連絡してくれるので
心強く感じています。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク