FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

子供に監視カメラ?・・思ったこと・・

人それぞれに育った環境や
過去、現在のライフスタイルも違うので
いろんな考え方があっていいと思うし

特に家計管理や教育に関しては
絶対にこれが良くてこれが悪い・・というのは
一概に言えないと思う・・・だけど

いろんな情報を目に、耳にした時に
自分はそんな風にはしたくないな・・と思うことがある。

昨夜、「好きか嫌いか言う時間」というTV番組の中で
いくつかの教育法が紹介されて、その一つ一つに様々な激論が
繰り広げられていたのだけど

いろいろあった中で、私が一番「?」←言葉にできないぐらい
目が点になってしまったのが

母親が仕事で家を空けている時に
子供が勉強する前にTVを観ないようにTVの前にセンサーを置き
母親のスマホと連動させて遠隔監視をして、子供がTVをつけようとすると、母親がやるべきことを先にやりなさいと指示している。

母親は、家族も納得して監視カメラを置いていると言っていたけれど、子供は何とかしてTVを観ようとセンサーに反応しないように「ほふく前進」しながらTVにたどり着こうとしたり、ソファーの後ろからのぞき見しようとしたけどダメだった・・
そう言っていたから、子供からすれば納得しているというよりも、母親の言う通りにせざるを得ない状況だったとしか思えなかった。

これはそのご家庭の教育方針だから
それはそれでよいけれど
私が思ったのは、大事なのはカメラで子供を監視して勉強させるのではなく、親の目が無くても自分の意志で勉強することではないかなって・・。
TVを観る前にやるべきことをやる・・というのは監視カメラを置くことではなく、その前に親が導いていくことではないだろうか。

子供はいつまでも親の思い通りにはならない。
こうなって欲しい、ああなって欲しい、
後で苦労しないように・・そう思うのはわかるけど
自分でやってみて失敗することも子供のためになるのだし
それをどうやって自分の力にしていくのかも子供次第。
だって、親は子供の面倒は一生みれないのだから。

たまにこのブログでも書くのだけど
親が勉強しなさいと100回、1000回言うよりも
早い時期に自立心が芽生えた子供は
何も言わなくても自分からやるべきことをやって
自分の好きなことをやる時間を作れるようになる・・。


TVを観たかったら、遊びたかったら・・
そして、スポーツ、お稽古事、自分の夢に向かって
これがやりたいんだって思うことがあったら・・
そして自立心があれば

親に言われなくても自分からやるべきことを先にやる
監視カメラなんて・・・必要ないと思うのだけど・・
それと・・
カメラを使う使わないは別にして
親はいつまでも子供を監視できるものではないと思う。



.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク