FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

終活(エンディング)ノートは、やっぱり本当の「ノート」に・・私の場合

母が2年ぐらい前から終活を始めたとは知っていたけど
それは、自分が動けるうちに少しずつ家の中を片付ける・・
その意味が大きかったんだな・・そう思った一昨日と


今回のことでもう一つ私が感じたのは
元気なうちに部屋を片付けてくれるのは
ありがたいけれど、それよりも・・

母にしかわからない書類関係などがあれば
そちらの方を教えてもらっていた方が・・
そうでなければ、どこに何があって・・と
簡単でいいので何かに書いておいてもらえたら・・
そう思ったんですね。

でも、こんなことはやっぱり縁起でもないから
私からはこうして・・とは言いにくかったので
私はこうやっているよって
自分のことを例にして話してみました。

それは


私は上の子が1人暮らしをして1年目に
早いかなとは思ったけど
自分のエンディングノートを作りました。

預金通帳、各種保険の証書、家関係の書類が
どこの置いてあるのかと、子供たちの思い出の品物は
それぞれに分けてあるので、あとは自分たちで
処分するかどうか決めてくださいというのと
私の葬儀は質素でお願いします・・というのを
1冊のノートに書いて

保険関係の見直しで内容が変わったり
保管場所を変えた時には、その都度
その部分を修正するようにしています。

既成の終活ノートではないけれど
表紙は私が好きな旅をイメージするデザインで
1枚1枚のページの紙に厚みもあるので
めくっても紙がヨレることなく丈夫で
記入もしやすくなっています。

そして、母は今回のことで
自分が保管しているいろいろなものを
改めて確認し始めたようです。

実は、私の終活ノートを作る前に
上の子に相談した時・・パソコンでデータを作って
メモリースティックに入れていた方が
修正もしやすいし、見やすくていいかもよ・・
そう言われたけど

ここが昭和と平成生まれの違いなのか・・
私は、こういうのは
やっぱり、いろいろ想いながら
自分の手で書いていきたい
そう思ったのでノートにしました。

そうそう・・余談になりますが
もしもの私のお葬式の時には
最後の我儘で、家族にお願いしたいことを
1つだけ、書いているんです。
これはまたいつか書きますね・・。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク