FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

「家に貯金が全く無い」と思っていた夫・・・

昨夜、夕食の後片付けの前に
さらさらっと立ったままニュースサイトを見ていると
共働きでありながら
お金が貯まらない家庭の例が書いてあったのだけど
最初の方を読んでいると

夫婦でお金の話し合いができていなくて
しかも大学入学前にお稽古事や塾で
教育費にお金をかけ

2人で働いているから毎月の生活費には
余裕があるようだけど
夫は妻が・・妻は夫が・・貯金してくれているだろう・・
・・そう思い込んだまま子供が成長し

子供の大学入学前や定年退職になる数年前になって
初めて貯金が無いことに気づいて
子供の進学は学資保険などでどうにかなるだろうけど
これから先、どうやって老後資金を貯めたらいいのか
ということが実際にあるのだというのを知って

実を言うと、冒頭部分は昔・・うちも同じだったので
正直、耳が・・いえ、目がイタイ思いで見ていたのですが

いろんな家庭がある中で
我が家の場合は、夫の年間の所得はわかっているけど
月単位のお給料の中から、何もかもが引き落とされて
その上で夫が引き出して、私にはその残りの生活費だけが
わかっている状態だったのです。

私は夫と付き合っていた時から
この人は、無駄遣いしないし
お金に関してはしっかりしている・・
そう思うところがあったのだけど
本音は、夫自身が、お金に関していろいろと言われるのが
嫌なタイプだったというのも・・あったかな。

でも、心のどこかでは夫は夫で
少しは貯金してくれているのではないかな・・
そう思ってはいたんです。
でも、これもまた本音だけど
そう思ってはいても、数万円あるかないか?かも・・
でも、その時はその時で仕方がない・・

それなら私が頑張って、子供のお稽古事と塾代
そして、できる範囲で少しずつ貯めていかなきゃ・・
そう思えたんだと思います。

ところが・・夫は・・
杏 招き猫3

私が仕事を辞めて1年後に
オール電化工事をすることになった時に
その3年前までは上の子は大学院と専門学校で
しかも下の子と大学が重なった時期もあり

家には貯金が無いと思っていたんですよ・・っていうか
私がまったく貯金していなかったと思っていたみたいで
ローンを組んだ後の利息を考えたら
私の定期預金から払おう・・と言った時には
「えっ?」という意外な顔をしていました。
その時の記事「最終的には私の貯金で払う」

うちもお金に関しては話し合いの無い夫婦だったけど
今回の逆パターンで、もしかしたら相手が貯金していないかも・・
そう思っていたおかげで、お互いがもしものことを考えて
できる範囲で貯金していたのかもしれません。

私たち夫婦は、お金のことを深く話し合ってこなかったけど
家族を守るためのお金のこと(保険、年金も含めて)は
それぞれに考えていたのかも・・。

でも、一般的に言われている老後資金には
足りませんが、それは今から少しずつ・・ですね。
あ、でも少しずつでは間に合わないかな・・

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク