FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

子供の貯金

この二日間は家族のことを書いてしまったけど
そういえば、過去記事で
上の子は大学を卒業するまでに
かなり貯金をしていた・・ということを書いて
それはまた今度・・で、そのままになっていました。

今回はそのことを少しだけ・・。

私は自分の子供時代に親が甘かったので
父亡き後に、いろいろと苦労したことも過去記事で
チラッと書いていましたが、それもあって
我が子にはもの心ついた時から、お金に対して
いくつかわかって欲しいと思うことがありました。

それは、金額に関係なく、目の前のお金は使えば無くなる。
親からでも、親戚からでも、お小遣いをもらった時に
そのお金をどうするのかを自分で考える、ということ。

親が先に貯金してあげて、あとは子供が欲しいものを
買いなさい・・というのもあるとは思うけど
私は子供が小学生3年生になってからは
すべて子供に任せました。

小学1年から2年生にかけて、目標(この時は
自分が欲しいもの)に向かって貯金することを
子供がわかりやすいように身をもって体験できるように
あることをやっていたんです。
それは、うちの子の場合は効果抜群でした。

お金を貯めること、使うこと・・
それが小さな頃に自分でわかれば
お金のことだけでなく、その先で自分が進みたい方向へも
親を頼らずに計画を立てていけるようになるし

子供の頃に小さな金額で何度か失敗すれば
無駄なことにはお金を使わず
必要なことにお金をかける・・というように
親が言わなくても自分でわかるようになってきました。

長くなったので、どんな風にしたのかは
次の記事に続きますが・・

結果を先に、上の子の場合で書くとすれば
正確な金額は教えてもらっていないけど
大学を卒業するまでに
100万円は貯まっていたんじゃないかと思います。

高校はバイト禁止だったから、その分、大学生になって
少しの時間でも働けばお金が貯まるんだっていうのが
嬉しかったみたいで、本格的に貯金に励んだようでした。

でも、貯金だけじゃなくて
自分の洋服代や友達との付き合い、
趣味のコンサートなどのお金もバイト代から出していたので
私が月単位で渡すのは、学食代と定期代ぐらいでした。

おかげさまで・・
社会人4年目になりますが
結婚資金もコツコツ貯めながら
将来の住まいのことも考えて
頑張っているようです。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク