FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

最後の日までに母親として私ができること、それは「おふくろの味」を・・・

22年間暮らしてきた下の子との時間も
残りわずかとなってきました。

親を頼らないまま、1人暮らしの準備を
進めている
ことに対して
私は心の中で多少の心配はしながらも
下の子の様子を見ていると、まだまだ大丈夫そう・・

・・・というわけで、私は母親としてできること
それはやっぱり、「おふくろの味」を
子供が飛び立つ日まで、食卓に並べることかなと思いました。

でも、2月後半からは、サークルの出ごとや
卒業式のことを含めての学校での集まりなどで
遅くなった時は、そのまま外で食べてくることもあったので

下の子が家で夕食をとる日は、魚料理と根菜の煮もの、
お浸しを作るようにしていました。

本人は自炊するから大丈夫とは言っているけど
しばらくの間は、新しい環境に慣れるだけで精一杯で
ご飯を炊いて、炒め物をするぐらいしかできないんじゃないかな・・

下の子は焼き魚も好きだけど、煮魚が一番好き。
今はスーパーに行けばお惣菜コーナーで買えるけど
母親の気持ちは、ちょっとだけ違うところにある・・。

1人暮らしを始めたあと
下の子に時間の余裕ができるまで
この家で食べた魚の味が少しでも役に立ってくれたら・・
この数週間は、そう思いながら夕食を作っていました。

この2週間は、間に鶏肉も入りましたが
鯛の煮付け、サンマの塩焼き、ブリの照り焼き、
サバの塩焼き・・・
今日と明日は、アジか鮭のカマを焼こうと思っています。

そうそう、もう「つくし」が出ていました。
今から袴を剥いて、茹でようと思います。
これも今日の夕食で卵とじにして
食べさせてあげたいなと思っています。
つくし

小さな頃からできるだけ早く自立心を・・
そう思って育ててきたけれど・・・何でも1人でやってしまうのは
親としては
ありがたいと言えば、ありがたいのですが
いざ、こうやって離れる段階になってくると
逆に・・少し淋しいかな・・。
いや、こんなことを思ってはいけないですよね。
門出の時なのだから・・

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク