FC2ブログ

この家で暮らしていこう

ARTICLE PAGE


スポンサーリンク

教育費にかけるお金を見直して老後資金へ・・と言っても、親の気持ちは複雑なものです。

この半年ぐらい?それとももう少し前?
私が気がついたのは年明けぐらいからだけど
スマホに入れているアプリのニュースサイトに
毎日、必ず1回、どうかしたら2回ぐらい表示される
家計管理のカテゴリがあって

ファイナンシャルプランナーが
貯蓄ができていない家庭の相談にのる形で
現在の家計状況を診断し、アドバイスしているのだけど

まとめてみると最終的には
無駄を省いて生活を見直して貯蓄へ・・・
そして、子供がいる家庭では
教育費にかけるお金も見直して老後資金へ・・

そんな風に書いてあるのがほとんどで
それを読みながら、私もそうだとは思うのだけど

子供の教育費については
例えば、同じ家庭、環境で育った兄弟であっても
その子、その子で個性も違うし

成長過程で子供がこれをやりたい、頑張りたい・・
・・ということに対しては、親も応援したい、協力したい、
そう思うと、習い事や塾にお金が必要になることもあるし

その他、将来の夢に近づくためには
学校以外の活動で予定外の大きな出費もあるから

子供の教育費は、ここまで・・と決めていても
人生山あり谷あり・・というように
うちの子供たちも予定外というか、予想外のことばかりで

過去記事にも書いてきたけれど
大学に入学する前に、そして入学後にも
進路変更と共に、固まったお金が動いたから

教育費はここまで・・・と決めていても
なかなか、その通りにはいかないというか

子供の夢や将来に繋げるためには
親としては、応援したい気持ちになるんですよね・・。

でも・・・
教育費にお金をかけすぎて
老後がもうすぐそこ・・という時に
貯金がほとんど無い・・というのは

逆に子供に迷惑をかけることになるかもしれないから
気をつけないといけない・・それもわかる。

親の気持ちというのは
その時々で複雑なものです。

.........................................................

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
..........

・・・・・・スポンサーリンク